6月15日での検索数:5件

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合447
646:本当にあった怖い名無し(ID:Avmus7iq0)2014/02/03 07:49:18.2
>>632
てめえこのカルト教団の糞ヤローだろwww
くたばれwww
↓ ↓
秋田のセックス教団 - Sex Church
http://youtu.be/5ONFnwt_gAI

【最新の預言】エジプトのクーデターは6月15日におこる!
http://youtu.be/epdn35Af-ps

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合264
35:本当にあった怖い名無し(ID:rpY8aXuO0)2012/06/26 16:38:39
>>31
誰の事なのかな?知らさなきゃいけないって?
黒幕は何処か知らないけど、前からイルミ説や
陰謀説はあるわけで、今年の6月15日じゃ遅いな。
せめて、3・11の後調べて欲しかったな。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合255
553:本当にあった怖い名無し(ID:CQQ727at0)2012/05/29 01:27:29
1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/05/26(土) 13:41:07.35 ID:???
日本原子力研究開発機構は25日、高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)の
原子炉容器内に、落下トラブルに伴い新たに製造した炉内中継装置を
28日に据え付けると発表した。国の検査や機能を確認する試験が順調に
進めば、6月中旬にも完全復旧となる見通し。

燃料交換用の炉内中継装置は、落下により損傷したため新たに製造。3月下旬、
もんじゅの原子炉補助建物に搬入した。落下の原因となったつり上げ器具は
既に改造し、経済産業省原子力安全・保安院の検査も受けた。

28日、原子炉容器内に炉内中継装置を据え付け、6月初めには保安院の
検査を受ける。燃料を出し入れする接続筒を据え付けた後、6月15日ごろ
から同装置の燃料を受け渡す機能を確認する試験と保安院の検査が3日間
程度予定されている。

安全が確認されれば、同装置は2010年8月の落下前の状態に戻ることになる。

復旧作業に要した費用は約21億円。

webpot予言スレ
642:本当にあった怖い名無し(ID:YCQaGncx0)2009/07/25 18:29:21
ジュセリーノ&とラビ・バトラの資本主義崩壊予言

2010年6月15日、ニューヨークの株式市場が崩壊し世界中に影響を及ぼすため、
世界経済が危機に陥る。 2010年の株式暴落の後は、世界中の経済が
深刻な景気後退に入り、日本では、ハイパーインフレが発生し、
貨幣価値が日ごとに下がって、人々はお金を一切信用できなくなり、
仕事の報酬は生活必需品などで支給されるようになる。
2017年 日本と中国で資本主義経済に代わる新しい経済システムが稼働を始め、
世界中の経済システムは一つとなり、南北格差は消える
  
                            by ジュセリーノ


仲間びいき資本主義は、今、まさにソビエト共産主義と同じ道をたどろうとしており、
その道程で、二、三年間混乱が生じる。残念ながら、今の浮ついた楽天主義は、
間もなく絶望の苦しみに変わるだろう。それは果てしなく続くように思われるが、
たとえ悪夢でも永遠に続くものは何もないことを忘れてはいけない。
偉大な社会は、人間の精神が絶望の奈落に落ちたとき、初めて誕生するのだ。

遠くの空の暗雲(せまり来たる不幸の兆し)の中にも、少なくとも、一抹の光明はある。
それがプラウトである。ひとたびプラウトが生まれたのちは、世界的な黄金時代が出現し、
今の守銭奴の時代の終焉を嘆く人はほとんどいないだろう。
自然の進化によれば、新しいシステムはすべて、それに先行するシステムより優れている。
プラウトは、これまで世界に存在したどんなものより優れており、
全ての人のための平和と調和と繁栄の新時代をスタートさせる。

                          by ラビ・バトラ

webpot予言スレ
495:本当にあった怖い名無し(ID:e3o4mQ/k0)2009/07/13 21:39:42
デイムス少佐は2009年から進化型の鳥インフルエンザが現れると予言している。
年末までにはまた半年近くある。それまでに新たにウイルスが出てくるのか?
今のままの弱い毒性であれば、進化型の鳥インフルエンザとは呼べない。
また、ジュセリーノは鳥インフルエンザが話題になるのは2010年の米国としている。
とすると、新型鳥インフルエンザが世界へ猛威を振り回すのは2010年からだろうか。
ジュセリーノは2010年6月に株式市場が6月15日に崩壊し世界中に影響を及ぼすため、
世界経済が危機に陥る。・・としている。それはデイムス少佐の世界経済が同時に崩壊をする
とした予言とも一致をする。 とすると次の猛威は2010年の可能性も出てくる。

本当に時期の予測が難しい鳥インフルエンザだ。


2010年
アフリカの数ヵ国で(気温が58度に上昇)して深刻な水不足 /
ニューヨークの株式市場が6月15日に崩壊し世界中に影響を及ぼすため、世界経済が
危機に陥る。 アメリカをトルネードが襲い、大停電で死者が多数出る。
全米に鳥インフルエンザが拡大

2011年
/ 鳥インフルエンザが人間に感染し始めて2013年までに7千300万人の死者。
この前兆は普通の風邪に似ている / 新たな戦争が始まる / 致命的な新ウイルスが出現する。
エルスと名付けられ、免疫がなくなり、動けなくなって肺に感染して、4時間で死亡する
1件~5件 (全5件) 1/1ページ