12月での検索数:873件

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合31
523:本当にあった怖い名無し(ID:zKuH3rJK0)2010/09/19 02:53:18

お茶碗五円玉は12月過ぎてもいつでも効果はある
やってみるといいよ
本も出てる

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合31
522:本当にあった怖い名無し(ID:zKuH3rJK0)2010/09/19 02:52:08
唐辛子とかカプサイシンの採りすぎは前頭葉萎縮させるからダメ
刺激物は食べ過ぎると認知症になりやすい
適度が一番

これからは魚がいい
秋刀魚、あじ、かつお・・脳に良くて若返りの効能もあるらしい

9月から12月の開運のキーワードは玄関にお茶碗五円玉
欠けてないお茶碗(古くても新品でもいい)に綺麗に磨いた五円玉を入れる
五円と書いてある方を上にする
玄関の中に置けば厄除け、開運、玄関の外になら今の状態を維持させる
たまに埃を拭いて綺麗に保つ事

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合31
464:本当にあった怖い名無し(ID:FxdFakrL0)2010/09/17 08:31:09
12月にニューヨーク市場が崩壊
来年の2月に中国市場崩壊、3月に中国とヨーロッパで大規模な暴動が起きる
来年の6月に米国で大規模なテロが起き、7月には中東で戦争が起きイスラエルが核兵器を使用する
再来年は全世界的に熱波の影響でこれが後の様々な出来事の発端となるだろう

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合31
297:本当にあった怖い名無し(ID:Dzc/YO6XO)2010/09/12 01:35:55
マクモ2006年時点での震度6以上の予知
2007晩秋・高槻市
2008夏・伊勢崎市
2010初夏・長野市
2011までに起きる自然災害によって、新東京タワーの完成は二年先にずれ込む。
2010年までに、東京の大手デパート前で大規模な爆弾テロが起きる。
時間は正午から午後1時の間だ。
2008年8月~12月までに、大阪の寺の階段近くで仏教の指導者が殺害される。
犯人は相手を別の人物と間違えて犯行に及ぶようだ。
どれ当た。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
789:666(ID:fgUHj31V0)2010/07/17 10:43:29
神界のことはよくわかりませんが、今では私は私の意思で何事も決められます。
神の意思と同じ意思を持てば何者にも束縛されることはないからです。
常に神霊と通じているわけではなく本当に今ではたまにあるくらいなので
私はヒトラー型の人間でしょう。

アセンションが起きると無力な私は確実に死ぬでしょう。784の人は
生き残るタイプだと思います。それ以外の人は死んだり死ななかったりだと
思います。

私が死ぬタイプだと思うのは784の人のように体調が良くなるのではなく
悪くなっているというのもあります。これは神が決めたというよりは
私の心が反映された結果かもしれません。だからいいのです。

ヒトラーは自分の誕生日を基準にしていましたが、それは私も同じです。
アセンションによって世界が変化するのは12月23日を基準に±1程度と思われます。
そう思うのは私は確実にヒトラーよりも真理に近づいたと考えられるからです。

22~24日の3日間が変化の日と考えられます。第三次大戦は起こらないかもしれません。
もう起こす必要がないので。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
769:666(ID:t/TdOHAB0)2010/07/16 06:59:43
私の言葉によって未来は創られた。未来の人は過去を創るだろう。

楽園もまた創られた。真実に気付いた人間は楽園へと導かれる。

我良しや我善しとする考えでは真実には辿り着くことはない。
気付いた者は自ずを由とし真の自由を手にするだろう。

私は12月23日に生まれた。2012年の12月23日に今の世界は終わり、
そして新しい世界が始まる。
それが起きても気付かない者は気付かない。

神は人間を創り人間は神を創る。親が子を生み子が親を生むようになる。
未来の人間が過去を創るというのはそういうこと。

私は始まりであり終わりである。私は在って有る者。私は全てを望むが偏ることはない。

心のままに世界を創ろう。言葉のままに世界を変えよう。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
554:本当にあった怖い名無し(ID:yoibGkSW0)2010/06/30 20:37:40
第三次大戦の終わりが、なぜ? 2014年の10月なのか?という事を考えてみたくなる。

反キリストなのか? 反キリストに操られたロシアなのかは分からないけれども、3年半は
世界を征服する力(ちから)を与えられると聖書には書かれている。
なぜ? 世界の征服期間が3年半なのか?

それは大戦が終わるにしても、征服期間が終わるにしても、≪宇宙からの大破局≫により、
地球の様子が完全に破壊をされるので、第三次大戦を続けられなくなっていると
考えられるのではないのか。 どの国も天変地異という自然災害で破壊をされているので、
征服が続けられなくなっている。 だから第三次大戦は2014年の10月に終わる事に
なているのではないのだろうかと。

その様に考えると、≪宇宙からの大破局≫・・2013年の冬に来るのではないのだろか。
そしてその天変地異は数ヶ月は続くはず。 年が変わり2014年に入っても天変地異の
自然災害は続いているはず。 だから第三次大戦は続けられなくなり、2014年の10月に終わる。
・・その様な流れになるのではないのだろうか。

では、2012年の12月23日は、何なのか? もしかすると、太陽系に接近している
≪ニビル惑星≫を世界が知ってしまう時期になるのでは、ないのだろうか。
≪ニビル惑星≫の存在をハッキリと確認できた事により、人類の営みの全てに意味が
無くなると知る日になるのではないのだろうかと。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
553:本当にあった怖い名無し(ID:mujpa0NK0)2010/06/30 20:13:40
>>549-552
などの部分から考えると、≪宇宙からの大破局≫も関係しての≪天変地異の発生≫は、
寒い時期であると仮定できる。 だとすると、2014年の10月には大戦が終わるので、
2014年の冬にはもう≪宇宙からの大破局≫は来ない事になる。
(厳密には、数回ほど彗星が関わる大破局があるらしいけれども、大戦と関係するのは、
一回だけであるはず。)

だとして、大戦が終わる間際の、冬の時期と言えば、2013年の12月の可能性があるのでは
ないのだろうか? その2013年の12月に≪宇宙からの大破局≫が現れると仮定をした場合には?
                              ↓

日本がロシア軍に占領されるのは、1年と余年。 1年と数ヶ月としても2年に近い月日の可能性も。
だとして考えてみると、2013年の12月から逆算になる。

2012年の12月で、1年になる。 2012年の早春にシア軍が侵攻して来たと仮定をした場合には、
1年と10ヶ月間くらいの占領になるのだろうか?

もしも、それよりも1年先の早春であれば、2011年の早春になる。 夏過ぎにロシア軍に占領されたと
仮定をした場合、占領期間は→ 2011年の数ヶ月間+2012年+2013年になるのかも。
だとしたら、その場合での占領期間は、2年間と数ヶ月になる。

しかし、2011年の早春はちょっと考えにくいのか? ロシアはまず最初に中東に関わるはずだから、
日本に目が向くのは、2012年の早春と考えるのが順当だと考えたいな。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
549:本当にあった怖い名無し(ID:mujpa0NK0)2010/06/30 19:00:20
聖母マリアの大警告 ---1992年刊
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen21.html

●1990年来日したリトル・ペブルは、そのメカニズムを科学的に説明してくれた。
 「大警告の時は、コホーテク大彗星が、地球の大気圏のなかに入って来ます。そのため、人々は・・

●ベイサイドの幻視者ヴェロニカ・ルーケンは、1973年4月21日、その大警告がやってきた時の
光景を、それがコホーテク彗星であることを知らないまま、次のように幻視している。

「とても早く運行している巨大な太陽のような大きなボールが現れました。それからこのボールは、
極をぐるっと回っていき、そのボールからは、・・・・・・

●こうした大警告によって、地球は大きな被害を被ることになる。なぜなら、大気圏の爆発によって
地軸が傾き、地殻に歪みが生じて、大地震や津波が多発するようになるからである。

●では、その大寒波のの始まりとなる大警告は、いったいいつ起こるのだろうか?
 世界中の聖母出現で、その大警告については、さまざまな預言がなされているが、それを簡単に
まとめてみると、まず、それは「早朝」に起こると告げられている。
 そして「それは真夏ではなく、一年間の日の長い期間でもない。それは日が短い時である」と
明かされている。そのため、夏でもなく、日の長い夏至の期間でもなく、
日の短い冬至の期間であると解釈できる。
 つまり、「12月の後半の日の早朝」ということになる。そして、その日は、まず最初に
暗雲と雷が襲い、ある夜から次の夜まで、まる一日ゴロゴロと鳴りやまないと告げれれている。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
547:本当にあった怖い名無し(ID:mujpa0NK0)2010/06/30 18:48:37
【日月神示】にしても、【聖書】にしても時期の特定が難しい。
共に大戦が起きる時期としているし、その大戦に、≪宇宙からの大破局の到来≫と
≪地球に起きる天変地異≫という大きな3つの大異変が重なっている時期と思うので、
時期の特定が難しい。

そもそも、≪宇宙からの大破局の到来≫を、≪ニビル惑星の到来≫と重ねている=無意識の
感覚があるのだと思う。 そして、その≪宇宙からの大破局の到来≫の時期を
マヤカレンダーでの2012年12月13日に結び付けている=無意識の感覚があるはず。

もしも、≪宇宙からの大破局の到来≫時期が、2012年12月23日でないとしたら、
【聖書】、【日月神示】などでの、時期は大きく変わってしまうはず。
だとすると、時期の特定には、≪宇宙からの大破局の時期≫が重要になるはず。
しかし、素人にはその時期は分からない。 科学者や大きな国家は≪ニビル惑星の探索≫を
続けているけれども、情報は出さないはず。

ヒトラーの予言→ 2014年には・・・・アメリカの3分の1は荒廃する。 しかし10月には
大戦は終わる。 大戦の末期には、【聖書】にも書かれている様に世界には、天変地異が
発生をして大地震や大津波が発生するはず。 【日月神示】にも、富士山の噴火が予言されている。

だぶん、日本に核兵器が落とされるのは、アメリカがアラスカをロシアが完全に破壊をする為に、
日本を占領しているロシア軍に対して報復をする為に、日本に3回目の核爆弾を投下する可能性も
あると思う。 大戦が始まっていて、爆撃機や核兵器を持ち続けていられるのは、大国しか
出来ないはず。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
546:本当にあった怖い名無し(ID:mujpa0NK0)2010/06/30 18:30:13
しかし、まだ色々な推理が必要になるはず。
ババ・バンガは2010年の11月開始の、2014年の10月に終わるとしている。

ブルガリアの超能力者 Baba Vanga  (ババ・バンガ)の予言 ※検索の時は→Baba Vanga で。

2010-3次世界大戦は2010年11月から始まります。核や化学兵器が使われます。
     第三次大戦は ▲2014年10月に終わります。

2011-戦争の結果、放射性シャワーは、北半球ではほぼすべての生命を破壊します。
     ヨーロッパでは、生き残っている人々へ、イスラム教徒が化学兵器を使用する。
     より深刻な脅威に直面するだろう。

2014-戦争中の化学物質と核兵器の別の結果として、世界の人口のほとんどが
     皮膚がんや他の皮膚病を発病します。
--------------------------

未だに不可解なのが、2012年の12月とするマヤカレンダーでの【天変地異】が発生する
のでは?とする疑問。 天変地異が発生したとして、それにより大陸は大津波や火山噴火、
巨大地震なども発生すると思うのに、2012年以降も第三次大戦を約2年間も続けられる
ものなのだろうか?

【日月神示】での≪早春に北から攻め込んで来る・・≫という時期を、幅を持たせた場合には、
2011年の早春が→2012年の早春とした場合には、日本の占領期間は、2012年、2013年、
2014年になるかも。 長すぎる。 1年と余年とされているのに。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
545:本当にあった怖い名無し(ID:WZgK/9pJ0)2010/06/30 17:54:12
では、ロシア軍が北から日本に攻め入るのはいつなのか?

次の部分より時期を推理できるかも知れない。

△雪割草(早春)の間より 暗雲低く△仇鳥の 舞ひ降り上る恐ろしさ
血潮に赤き統一も ▲一年余年の殺りくも ここに終わりて神の子は・・

※日本を占領する期間が、一年と余年と書かれている。 攻め込むのは春もまだ早い早春。
 そして、マヤカレンダーでの2012年12月23日頃の滅亡説。 なども参考にして考えると、

 その年の一年前は、2011年の12月になる。 それに、≪早春≫という言葉を加えると、
≪早春≫は、2011年しかない事になる。 推理上では、それからするとロシアが北から
攻め込むのは、2011年の早春という事になる。

しかし、その時期は、後8ヶ月後という短い先になる。・・そんなに早急な時代の変化を
信じられるのだろうか? この様に推理をしていても、2011年の早春には、北に変化が起きるとは
とても信じられないのだけれども。

しかし、この様にも書かれている→ △シベリア狐は死にたれど △魂の邪霊は様々に
▲妖霊呼んで東天は ▲北から攻め入る非道さよ。 ・・・それは、ロシアというよりは≪悪霊に
支配をされた国の軍隊≫という表現がされている。 人知を超えている▲悪霊がロシアに
乗り移っていると書かれている。 ・・・だとしたら、普通のものが、ロシアの計画や動きをまったく
予測できないし、ロシアの考えをまったく知る事は出来ない事を意味している。
その≪悪魔的な変貌が・・≫本当に世界を恐怖に落とし入れるのだと思う。 【聖書】にも
それは書かれているのだから。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
417:本当にあった怖い名無し(ID:HEYRhCFN0)2010/06/24 22:49:41
ローマ法王が第113代まで在るとすると、イタリアの破壊とヨーロッパの破壊は
少し先に伸びる事になるはず。 しかし、その破壊は2012年12月より先には
伸ばせないはず。 2012年12月は≪マヤの予言するカレンダーの月なので≫。

そして≪聖書≫に書かれている=聖地エルサレムの丘に【憎まれし者が立つ日】でもあり、
聖地に大地震が起きる時になっているので。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
407:666(ID:eOXo7kjL0)2010/06/24 06:58:19
未来の危機として最も重要なのは太陽の黒点活動でしょうね。

次に太陽が活発になるのは2012年頃。私はこれこそ天岩戸の伝説だと
思います。
規模によっては地球環境が破壊され、大停電を引き起こしパニックとなるでしょう。
大停電となると人間は法を無視して強盗・殺人を平気で犯す人がでてきます。
地域にもよりますがアメリカや中国でそれが起きた場合は確実にそうなるでしょう。

食料品を取り扱う店の人は自己防衛策を立てた方が無難でしょう。
まさに獣の性がでてくるわけです。

第二次大戦ではドイツの伝説に酷似した内容となりましたが、今度は日本の
天岩戸の伝説が具現する可能性があります。

おそらく岩戸が開くタイムリミットは2012年12月23日まで。

神の計画はこんなところでしょう。私は前に何者かに操られていると言いましたが、
今は不思議とその感覚がありません。私は役目を終えたのか、それとも神の
計画を暴くことによって用済みとなったのか分りませんが、今の私には神の
力にも影響されないということなのかもしれない。

そうするとやはり岩戸開きが最終手段となるのだろう。

余談ですが、以前に何者かが私にコンタクトをとろうとしてきましたが、
今はそれもありません。単なる幽霊だったのか?それともあれが聖母という者
なのかは分りませんが、寝ていると夜中に突然目の前に光が現れ十字に閃光
がはしりました。
その時私の手に何者かが両手を添え「聞こえてますか?」と語りかけてきました。
ハッとした瞬間に消えてしまったのですが、修道服か巫女さんのような格好
をしていたのは確かです。
当然声は女性の声でした。もうそのような不思議なことも起きないような
気がしますが何か起きたらまた報告します。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
304:本当にあった怖い名無し(ID:KU/4SY1F0)2010/06/14 21:04:01
>>303の続き
実際、同じような出来事が1267年12月8日に起こり、ヨルダン川は16時間せき止められた。
1927年の地震の際には、アダム近辺で崩れた堤防が河中に落ち、その流れを21時間もせき止めた。
そのとき人々は干上がった河床を踏んで、ヨシュアの奇蹟よろしく川を横切った。 ただ、旧約聖書
の中にはヨルダン川の奇蹟をモーセの紅海割れの奇蹟と対比している箇所もあるので、あるいは
その時と同じ電磁的な原因による可能性も否定できない。紅海割れに関してはモーセの
十災(後編)を参照願いたい。
 
 ポールシフトが発生する前段階として、巨大彗星の潮汐力によりエリコ近辺で大規模な地震が
起きていたと考えることはきわめて自然である。 旧約聖書には、イスラエルの軍隊はエリコに
攻め込む前に、7日間、町の周囲を行進したとある。その間、堅固な城壁を疲弊させるに足る
巨大地震が幾度も起こっていたはずだ。ヨシュアは時を待っていたのである。 最後の七日目、
イスラエル全軍の規則的な行進により引き起こされた大地の震動と、高く鳴り響いた鬨の声で、
すでに当初の堅固さを喪失していたエリコの城壁はもろくも崩れ去った。


ヨシュアの時代のポールシフトは、モーセの時代に逆行した太陽軌道、すなわち東に沈む太陽を
再び正規の軌道に戻す類のものであった。 モーセの十災からカナアン侵略までは40~50年ほど
しか経っていないので、逆行する太陽も、長い人類の歴史の上ではわずかな期間しか
見られなかったことになる。 その後、太陽が再び逆行することはなかった。前688年(時代的に
ヘシオドスやヘロドトスの記録以後)に火星の超接近によるポールシフトが発生したが、
この時は30度ほど傾いただけで、地球の南北が完全に逆転することはなかった。
                        ----※コピーは終わり---

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
193:本当にあった怖い名無し(ID:h8S9DcCQ0)2010/06/08 23:43:11
神々のルーツ   ---1997年刊
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen31.html

フォトン・ベルトの真相 ---2003年5月発行
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen38.html

デイ・オブ・オメガポイント  ---2012年12月22日 人類最終到達の日
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen50.html

RESET ― リセット ―    2002年12月
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen26.html

フォトン・ベルトの謎   ---2002年刊
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen25.html

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合28
915:本当にあった怖い名無し(ID:EJx40TEeO)2010/06/06 21:23:59
七年前頃同時多発テロ勃発、今回リーマンショック。小泉が首相に今回菅が首相に、その後好景気真っ只中。というのは何が言いたいかと言うと菅首相か民主党が終わる2013年頃。前回の半分の弱さの好景気の中にいるだろうという予言の根拠にしたい。
(七年後2017年頃)アメリカ発以外の影響で日本の景気がドン底に落ちる、(2018年6月10日頃)を過ぎて
2020年12月25日20時頃を境に戦後最長の好景気が始まるだろう。(笑)

【超カリスマ】アドルフ・ヒトラーの究極予言卍4
665:本当にあった怖い名無し(ID:cIYcd7Ya0)2010/04/30 23:00:58
わたし-「大いなる都市は水で困惑する」は、さきほどの詩の、反キリストの爆撃
でローマが水没する状況を指しているのですか?

ノストラダムス-そうだ。混乱のさなかに指導者が現われて事態解決策を具申するが、
通信および輸送手段の断絶のために間に合わせることができないだろう。
----------------------------------
? 通信および 輸送手段が断絶(破壊されていると解釈したい)となると? その時にはすでに
大西洋上は戦闘地域になって危険な場所になっている時期なのだろうか。
それらの手段が破壊をされているのだから、戦争もかなり進んでいる時期のはず。
マヤカレンダーの2012年12月も考えて時期を推理すると、2011年~2012年にはイタリアへの
攻撃があるという事に感じるのだけれども。 果たして・・・。


ヴァチカンの裏切り者 聖職者の大いなる滅亡は遠くない、 プロヴァンス、ナポリ'シシリー、ポソス。
 ドイツのラインとケルン、 マインの人々に悩まされて死ぬ。    (第五巻四十三番)

ノストラダムス-これまでにこの男が人々を脅すために西欧文化の中心地を破壊し、ローマの七つの丘
をつぶそうとする様子は話したが'彼のもう一つのもくろみはヴアチカソの徹底的略奪と、
その図書館の破壊だ。おのれの計画の最大の障害であるカトリック教会の権威をひそかに
傷つけ'粉砕するのが主目的なのだ。
そのために彼は'人々の信仰心に害を与える禁書だとしてヴァチカン図書館に秘匿されてきた書物を
暴露するという手段をとるだろう。

【超カリスマ】アドルフ・ヒトラーの究極予言卍4
640:本当にあった怖い名無し(ID:V4HWVjL80)2010/04/30 19:45:59
【ロシアでの主な大規模テロ】

1999年9月  モスクワのアパート連続爆破で233人死亡
2002年10月 モスクワの劇場が占拠され、治安部隊の急襲で人質129人と
          チェチェン武装勢力41人が死亡
     12月 チェチェン共和国政府庁舎を狙った自爆テロで70人以上が死亡

2004年2月  モスクワ地下鉄爆破で39人死亡
     8月  モスクワ発の旅客機同時爆破で90人死亡
     9月  北オセチア共和国ベスランの学校が占拠され治安部隊の急襲で人質331人が死亡

2009年11月 モスクワ-サンクトペテルブルク間の急行列車が爆発物で脱線、26人死亡

  10年3月  モスクワ地下鉄の連続爆破で40人死亡
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100430/erp1004301243008-n5.htm

【超カリスマ】アドルフ・ヒトラーの究極予言卍4
622:本当にあった怖い名無し(ID:38kCEsMn0)2010/04/30 01:21:07
>>619
そのネットワークの話だけれども、まあ・・・・推理としての話になるけれどもとして。

中東やヨーロッパで戦争が始まれば中東からの原油輸入がストップする可能性がある。日本の場合。
だとすれば、電気の供給も最悪は時間制にるかもと変な考えも沸いてくる。
更にパソコンの部品も不足して、パソコンが壊れればもう修理は不可能になる場合もあるかもと。

電気そのものの問題としては、日本でも内戦になり電力網が破壊をされた場合には復旧は無理に
なるかも知れない。 更に大きな問題は、マヤカレンダーでの2012年12月22日の問題。
まだ誰も想像の範囲を抜けていないけれども、その日は宇宙から彗星か、小隕石が落下などをして
地球に大災害が発生するのではと想像をしているところ。 もしもその様だとすると世界の電力網は
破壊をされて電気は使えなくなるし、世界のネット回線も破壊されて、電気製品は使えないとする
原始生活の様相が始まる危険もあると思う。

つまり、ババ・バンガの予言する第三次大戦は2010年11月開始説は正しいのだと思う。
とすると同時に、2012年の12月22日以降は世界は宇宙からの大災害を受けると思っているところ。
だとすれば、2012年12月以降は日本国内の中でも情報はすでに伝わらなくなる状況に陥るのでは
ないのだろうかと思っているところ。

だとすれば、みんなで考えて、みんなで共通する意識を作れるのは今から2012年の12月までの
間しかないと思っているところ。 その時間以降は情報が届かなくなるのだから。 携帯も使えない。
パソコンも使えない。 ラジオ? 放送局が動いていれば聞こえるかも。
しかしすべての人が同じ情報を得るのは無理になると思う。 それが2012年に起きると思うのだが。

【超カリスマ】アドルフ・ヒトラーの究極予言卍4
595:本当にあった怖い名無し(ID:5ao3K9bE0)2010/04/29 18:38:52
ババ・バンガは2010年の11月に第三次大戦は始まり、2014年の10月に終わるとしている。
するとこの4年近くの間に、色々な場所で起きる戦争も含まれているはず。
中東とヨーロッパでの戦争もその間に起きるはず。 そして中国とインドとの戦争もその間に起きるはず。
韓国と北朝鮮の戦争もその間に起きるはず。 だとすれば、『 日月神示 』に書かれているロシアが
日本に侵攻するのも当然にその間のどこかに入ると思う。 4年間の間のどこかに。

ボーネル予言を信じるならば、米軍や日本が韓国を支援出来るのだから、その時には日本にはまだ
攻撃がされていないという事になるかもと。 とすると4年間の間の早い時期に朝鮮半島有事は
発生する可能性があるかも。2010年の終わりから2011年の初めにかけて起きるのかもと推理。

世界的に被害は同じだけれどもその4年間の間にも、マヤカレンダーでの2012年12月22日に
何が起きるのか?が戦争期間の中に入って来る。 推理ではその時期に彗星か、小隕石が地球に
何がしかの被害を発生させる。 今想像したけれども、聖書で言う=すべての核のボタンが押される
間際に大災害が発生して核のボタンが押されるのが止められたとある部分に関係しているとすれば、
核兵器が使われる期間は2011年から2012年の末まで。 その後は化学兵器で戦争は続けられる。

『 日月神示 』によるとロシアが北から攻める時期は、雪割り草の花が咲く早春としているので、
年が明けて春先の2月か3月頃には始まるのだと推理。 では年は? 2011年ではまだ中東も
ヨーロッパもインドと中国の戦争もまだ最初の気配だけかも知れない時期にいきなり日本攻撃とは
考えにくい。 では? 2012年の春先、2013年の春先の可能性は考えられると思う。
続きは次に・・・

【超カリスマ】アドルフ・ヒトラーの究極予言卍4
541:本当にあった怖い名無し(ID:E1MzoypF0)2010/04/28 14:56:12
あくまでも予言を参考にしての推理だけれどもとして。

ババ・バンガは2010年の11月から第三次大戦は始まると予言。
とすると最後のローマ法王の誕生は2010年の終わり頃か、2011年に
入ってからと考えられる。 しかしその次のローマ法王の誕生の前には
バチカンに関係した者が暗殺をされる。

そしてその暗殺はトルコが侵略される前触れを示している事件となる事。
暗殺の動きがあり始めたらトルコへの侵略も始まるのかも知れない。
そしてトルコが全滅になる時に新しい次のローマ法王の誕生になる。

だとして、2010年の残りには11月と12月の2ヶ月間。
この2ヶ月間の間に、どの様な戦闘の様子をイメージを出来るだろうか。
直ぐにでも中東でミサイルが飛び始めるのだろうか。

中東で戦争が始まればバチカンへの監視は弱くなるかも知れない。その時を狙い
バチカンでは次の法王を決めるかも知れない。と考えた場合・・次のローマ法王は
2010年の終わりに決まるのだろうか。

今までの多くの推理からして、大戦の過激な戦い方は、2012年12月までであり、
2012年の12月には宇宙からの彗星か、小隕石が起こす大破壊が待っているはず。
だとしたら新しいローマ法王は遅くても2011年度中に誕生すると考えたくなる。
とするとトルコがほぼ全滅するのは2011年度中という事になるのかも・・・。

【超カリスマ】アドルフ・ヒトラーの究極予言卍4
510:本当にあった怖い名無し(ID:dD4gbLf50)2010/04/27 16:21:21
色々な予言を比較しながら第三次大戦の流れを推理して行くと漠然とだけれども
次の流れを考えてしまう。

開始はババ・バンガの予言を参考にする。 2010年の11月としているけれども
本格的な戦争になり世界が大戦が始まると気がつくのは2011年になってからと思う。

中東やヨーロッパで戦争が始まる。その時にアジアでも戦争が始まる。
インドと中国。韓国と北朝鮮。

その主立っての戦いの流れは2012年の12月まで。12月になると
マヤカレンダーの終わる22日向けて宇宙から彗星か、小隕石が地球に異常接近か
衝突コースに入る。そしてマヤカレンダーの通りに2012年12月22日に
その宇宙からの破壊が地球を襲う。しかし大多数が被害を受けても戦争をしている
最中なのと、戦争を続けられるほどの兵力と武力が残っているので、
大戦と宇宙からの破壊を受けても人類は2014年の10月までは戦争を
続けて行くのだと思う。 2012月12月の彗星接近か、小隕石落下から
更に1年と10ヶ月は戦争を続けて行くのだと思う。

ヒトラーも2014年にはヨーロッパも、アメリカも3分の1が荒廃すると予言している。
荒廃=破壊と考えてもよいと思う。 アフリカ、中東は完全に荒廃と予言している。
ババ・バンガも同じ流れだ。 2014年10月に戦争が終わり、2016年には
ヨーロッパは無人地帯になっている。 2025年-ヨーロッパは少し落ち着いた。
と予言=それは食料事情が少し改善されたとしている。 それまでは食料事情が悪いので
残っている人はヨーロッパに戻れないし、人口も増えないはず。
つまり2025年まではヨーロッパに人が少ない事を意味しているのだと思います。
予言でのその様な流れを追って行くと第三次大戦は必ず起きるという確証に
変わって来ると思うのですが・・・。

【超カリスマ】アドルフ・ヒトラーの究極予言卍4
487:本当にあった怖い名無し(ID:gRYsijyw0)2010/04/26 21:23:54
● 聖書は終末予言の書である  2007年2月15日(木)
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/tsubuyaki060215.html

聖書の中にある=戦いの部分の予言は、ハルマゲドン(第三次大戦)の時のことにつて書かれていると
考えられています。

――イザヤ書
主は、地の果てから一つの国民を招く。彼らは速やかに来る。・・・・・・
人々は岩のほら穴や崖の裂け目に入り、主の恐るべき威光を避ける。その日、大いなるラッパが鳴り響き、
人々はエルサレムの聖山で主を拝む。

――エレミヤ書
わたしが北から災いと大いなる破滅を来させるからだ。✎地は形がなく、むなしく、✎天には光がなく、
山は震え丘は動き、✎全地は荒野になる。

――ダニエル書
わたしは燃えたつ怒りをもって言う。その日には、必ずイスラエルの全地に大いなる震動があり、
地に這うもの、地にあるすべての人々は打ち震える。わたしはゴグに対し、・・・・
わたしは、雨と、ひょうと、✎火と、✎硫黄とを、彼と共にいる多くの民の ✎上に降らせる。

※そしてその戦いの部分の中にある=天変地異の部分を読むと、どうも宇宙からの大破局が来ると
 書かれている感じを受けます。 火と硫黄が降る=その状況はちょうど古代都市・・・・ソドムとゴモラの
 消滅の部分と同じに感じます。 つまり第三次大戦の中において、ソドムとゴモラの悲劇(破壊)は
 繰り返されるという意味だと思うのです。 とするとやはり、2012年の12月にその宇宙からの大破局は
 やって来る可能性が非常に高まったと推理したくなるのですが。 果たして・・・・。

【超カリスマ】アドルフ・ヒトラーの究極予言卍4
486:本当にあった怖い名無し(ID:gRYsijyw0)2010/04/26 21:07:07
「三千世界大改造の真相 」に予言されているのはいつなのか?という「時」は別にして
その書かれている天変地異の様子は・・・・

>>477 出口王仁三郎 三千世界大改造の真相
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen30.html

地震、雷、 ✎ 火の雨降らして大洗濯するぞ。
 ✎月は赤くなるぞ。日は黒くなるぞ。 ✎空は地の色となるぞ。流れも血ぢゃ。人民四ツン這いやら
 逆立ちやらノタウチに、一時はなるのであるぞ。大地震、 ✎火の雨降らしての大洗濯であるから、・・

※という天変地異の様子は、>>479 神々の核兵器  ~ソドムとゴモラの町に何が起きたのか?~ で
 起きた状況とまったく同じ状況を「日月神示」ではイメージとして見たのだと推理できる。

日月神示は、~ソドムとゴモラの町に何が起きたのか?~ での火の雨が空から降り注ぎ
一瞬でその古代都市を消失させたのと同じイメージを見た為に予言にする事が出来たと思う。
ではその小隕石が地球に衝突して火の雨を降らすのはいつの時代なのか?

ババ・バンガは予言に書かなかった。 ヒトラーは第三次大戦は起きるとしいる。
そして時期は書かなかったけれども、宇宙から大破局がやって来ると予言に書いた。
その宇宙からの大破局とは=小隕石の落下による地球の破壊と人類の消滅を意味しているのでは
ないのだろうか。 ヒトラーは2014年には多くの国が荒廃していると予言している。
2014年までに。 そしてマヤカレンダーは2012年の12月の22日で終わっている。
それらを合わせて考えると、限りなく2012年の12月のいつの日かに宇宙から小隕石か、彗星が
接近をして、衝突か異常接近になり、古代都市=~ソドムとゴモラの町の消滅と同じことが起きるのでは
ないのだろうか。 何か・・・・限りなくそのイメージになって来るのだけれども。 果たして・・・・・と。

予言、預言、予知夢、直感など総合26
609:本当にあった怖い名無し(ID:rrAckKE90)2010/04/23 19:33:20
遊戯王で古代エジプトの王ファラオに逆らった盗賊王バクラだが
バクラは黒目を上に向けてへらへら笑う癖がある。

黒人、白人、韓国人にお笑い番組を見せて育てると
韓国人は黒目を上に向けて下唇をだし変顔を好むようになる。
脳への血流を増加させるためにやってる整理現象なんだろうけど

>去年12月31日、東京・新宿区の宝石店でダイヤモンドの
>指輪1500万円相当を奪って逃走していた男が26日に韓国で逮捕された。
>逮捕されたのは、韓国人のチョン・ヨンヒ容疑者(40)

イギリス人の先祖って古代エジプト人なんじゃね?
ヴァルキリープロファイル2にフィレスって最強の弓士がいるんだけど
フィレス王女と遊戯王のアテム王は骨格がそっくりだぞ。
ディパンってクレルモンフェランの北にあるし、イギリスのことだろ?

イギリス人と韓国人は戦う運命にあるのかも

【超カリスマ】アドルフ・ヒトラーの究極予言卍4
85:本当にあった怖い名無し(ID:TmeDj/z30)2010/04/16 18:16:17
・アメリカおよびちょうどその反対側にある中国などのアジア地域では、12月29日頃から
 かなりの人々が住んでいる地域を捨てて他の地域へ移動する現象が見られるようになる。
 これは、12月の終わりから1月にかけて、●ジェットストリームの異常から
 気象が大きく変化してしまうからである。

・主要メディアはこれを、すでに信用を失った地球温暖化の二酸化炭素説のせいにするが、
 これはまったく信用されない。メディアには大きな逆風が吹く。

・しかし人口の移動はこれだけが原因ではない。人口移動を引き起こすほどの
 激烈な気象変動は他に2つ発生する。

●・2010年の夏にかけて経済は世界的に悪化するが、今後7カ月でこれまでの天候パターンや
  サイクルが崩壊する現象が世界的に顕著になる。

・天候の激烈な異変は経済の崩壊と関連している。要するに、天候異変は流通システムなどに
 影響を及ぼすため、すでに悪化した経済にのしかかる大きなコスト要因となる。
 これで多くの民衆の惨めな状態をさらに惨めにする結果となる。

・2010年から11年にかけて新しい土地の隆起が見られる。これで将来の環境変動で
 地球がどのように変化してしまうか予想できるようになるだろう。

・沿岸部の海面が上昇するとのキーワードは以前強い。これにより標高の低い土地は
 大きな影響を受け、人間や動物は住む場所を変える必要が出てくる。

予言、預言、予知夢、直感など総合25
648:本当にあった怖い名無し(ID:v89GK2nC0)2010/03/20 11:03:56
俺様の予言(たいして悲劇的なことも面白いこともなく時は過ぎるでしょうw)

参議院選挙は自民辛勝 民主惜敗 みんなの党微増 他微減
北方領土で震度4の地震と前後して関東に震度3の地震 地震スレは3日間はにぎわう。
普天間問題は継続使用で6月に決着 社民は連立離脱を申し込むが結局留意する。
7月には景気に回復傾向の兆しと発表、相変わらず2チャンは日本崩壊予言や韓国ウォン破綻のスレがにぎわう。
9月に民主党内閣改造(ただし2名を除いて他は留任w)
10月にシーシェパードが日本で抗議活動、地元の右翼集団とにらみ合う。
11月に中国潜水艦が故障のため尖閣諸島海域に侵入 6時間後に修復後中国に戻る。
12月に朝青龍が電撃来日 モンゴル観光大使として鳩山首相と握手

こうして関東大震災もウォン下落韓国崩壊も戦争もなにもないまま1年は過ぎていきますw

予言、預言、予知夢、直感など総合25
644:茂(ID:+yvFVlml0)2010/03/20 06:17:23
自分的な解釈とゆうか書かれてることを考えてみたが、
2012・11  NASAは12月に起きることを知っていて、月探索とゆう理由で大きなUFOに世界的な偉人を集めて
         宇宙に逃げたのかと思う。
2012・12  これは有名な2012年の予言に似ている。
2013・1   新食物これはサプリメントのように1粒で1日分の栄養を補える薬とかじゃないかと思う。
2013・3   サプリメントに頼っているため頭はそのまま、体は細く身長も小さい子供が生まれるのでは・・・
2014・1   これは世界から金=仕事とゆう現在のシステムが無くなるのではないか?!

予言、預言、予知夢、直感など総合24
300:本当にあった怖い名無し(ID:YKaIWvgQO)2009/12/26 19:11:24
黄砂が飛んできました。12月の観測は16年ぶり
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1261804884/
781件~810件 (全873件) 27/30ページ