聖書での検索数:1115件

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
467:トモダチ(ID:p7pkKjv90)2010/10/02 12:38:48
>>466
旧約聖書時代からのユダヤ人の歴史を、現代語に翻訳し直して
よーく研究して見直すことだな。 ユダヤ人の本質とは何だろう?
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教間の争いの根源は?
なぜ、イエス誕生後に地球で2000年間も混乱が続いているのか?
その過程で、ヒットラーの果たした役割は何だったのかな?

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
342:本当にあった怖い名無し(ID:s0GM3GGx0)2010/09/27 17:36:03
お間えらばかだなイエスは神に人類を売った馬鹿野郎だぞ、あいつは頭良すぎて人類はこのまま行けば滅びるとわかり、神と一緒に人類破滅プログラム新約聖書を作った。
キリストは神を光の存在と言ってるが、元のモーゼは神は闇の存在としている

つまり、悪魔こそ真の神であり、イエスは神を光とすることで、救いの対象をそらしている

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
290:トモダチ(ID:m6BjLNhU0)2010/09/26 11:48:56
>>285
そうだね。旧約聖書と新約聖書の謎と、その本当の意味を解きかけた人物だな。
天才を遥かに超える一種の、狂才だな。
しかし戦争とホロコーストは不要だったな。その点は非難は逃れられないな。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
263:トモダチ(ID:dT+ahkrB0)2010/09/25 12:38:37
>>256,258,259,260,261
よく研究されていますね。但し、少々が誤解が有りそうですね.以下に整理してみるな。

1.YHWHはイシュビッシュが正式名称。意味は英知の王で称号。現存しておられるよ。
エホバは旧約聖書時代のYHWH,あだ名は野獣別名ヘン。イエスの生まれる以前に老衰で死んでいる。
2.イエスを生ませたのはYHWHプレヨスでエホバの分家にあたるな。父親はガブリエルでYHWHに
次ぐ位の人。この時代では神々は3m以上の巨人と云われている。
3.イエスは当時の3人種の人間に真理を伝える為に生れてきた。3人種はユダヤ人、インド人、
他黒海周辺に住んでいた人種(アーリア人)。当時の地球の他の人種は4種類。
4.新約聖書はイエスではなく、一番弟子のパウロと反対派で改宗したパウロの作品。2人共に
真理が理解できず、イエスの教えを自分のレベルで改竄した様だ。だから、内容が混乱している。
真実の書と云われている、タルムード・イマヌエルを熟読すると良く解るな。
LB=ハルマゲドンの意味とその謎、発生原因も解明が進むよ。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
261:本当にあった怖い名無し(ID:yLlfvyEd0)2010/09/25 11:11:33
YHWHは自らを正当化するため聖書をも改竄した。
ソロモンに指輪を授けたのはYHWH=バアルである。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
256:本当にあった怖い名無し(ID:wyUWLKXv0)2010/09/25 09:01:17
終末の時代に起こること 第5章
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/shumatsu05.htm
 
終わりの日に悪が栄えるのは、悪が永遠に滅ぼされるためです。聖書が言っているように、
 「悪者どもが、青草のように、もえいでようと、不法を行う者どもが、みな栄えようと、それは彼らが永遠に滅ぼされるためです」(詩篇九二・七)。
つまり神は、終末の時代に復興ローマ帝国が現われた時、その暴政と腐敗した文化を破滅させることに
よって、ご自身の存在を人々に知らせられることでしょう。そしてご自身の、
 「聖なることを諸国民の目の前にあらわされる」(エゼ三八・一六)
のです。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
205:トモダチ(ID:4aKx8DgC0)2010/09/23 17:07:00
ヒットラーの凄さは、旧約、新約聖書をくそまじめに研究して、色々な真実を理解し、
応用したところだな。神々の乗り物が宇宙船UFOであること、ソドム、ゴモラの火の
柱が原爆であること。その当時のドイツ惨状の原因等等。極めて利口な彼は自ら、ロケット、
原爆、UFOの開発を進めた訳さ。コンピュターまで開発を進めていた。
今まで生きていたら、恐らくターミネーター辺りまでは開発ずみさ。
全てのカギは旧約、新約聖書、そう、タルムード・イマヌエルに有るな。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合31
693:本当にあった怖い名無し(ID:LySP642V0)2010/09/22 18:53:11
どんなに、地震やら気象やらをあやつれたとしても、
それは、彼地震の知識によるものではないからね。

魂を滅ぼすことができる人を、恐れなさい、って聖書に書いてあるよね。
どんなに地上で偉そうにしても、
彼らは、死後、お金も宝石も、資源も何ももっていけない。
ほかの人と同様に、裁かれるんだよ。

最後は、滅び。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
174:トモダチ(ID:i1GznNI90)2010/09/22 17:20:28
LB=最終戦争,ハルマゲドン=メギドの丘の決戦は同じものだね。旧約聖書
新約聖書。アーリア人とユダヤ人。善と悪。みんな同じ対立構造。元々は同じ神々の
支配下に有った様だ。なぜ争うのか?イエス誕生の少し前に、当然神々の中で分裂が生じて
本家、本流争いが起きた訳だ。アーリアの源流はイラン人。イランの核には理由が有る。
その上、今は回教徒。宗教は3つ巴で混沌としている。他国はどの様に動くか不明。
イランが核を持てば一応、LBの条件は整う。日本は云わば、他の神々の末裔の争いの
とばっちりを受ける立場。止めても、止まらないとしたら日本は如何すべきかな?

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
51:本当にあった怖い名無し(ID:aDrPZHWEO)2010/09/18 18:57:55
聖書でヤハウェは自分のことを「我は嫉妬の神」「我は妬む神である」と名乗っているので、ヤハウェが低レベルな神だとしても驚かないな

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍8
39:トモダチ(ID:JA6zpZE20)2010/09/18 11:53:19
ヒトラー研究はアーリア人とユダヤ人の歴史研究だよ。テーマは共通の神ヤハウエ、旧約
聖書の中身だよ。アーリア人はヨ-ロッパ人の主流派、ユダヤ人は傍流。傍流派が主流派を
抑え込もうとしている所に軋轢と無理が出てくるよ。本来は同根だから、仲良くすれば
いいのにね。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合31
134:本当にあった怖い名無し(ID:HLwKP0kM0)2010/09/03 10:08:12
では、「永遠の命」を得る為にはどうしたらいいのだろうか?
今の我々の技術、医学では無理。

そうすると、「既にその技術を持っている者から、それをいただき、それに預かればいい」

そんな者いるのか?
となるが、それがいる。

それはキリスト。
聖書に「私(イエス)を信じた者には永遠の命を授けよう」
と書かれてある。

そうだ、じゃあ、イエス(キリスト)から永遠の命を与えてもらおう、
となる。
そう思わんかね?

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合30
693:本当にあった怖い名無し(ID:WL6B4BnZ0)2010/08/09 17:42:27
聖書の末路って何よ

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合30
692:本当にあった怖い名無し(ID:XJ+vF4GG0)2010/08/09 17:39:10
イエスは再臨しないかもしれないが、
偽メシアや、神または神の意志を騙る者、このスレで妄言を書き散らすエセ予言者、
などには、聖書に記されたような末路が待っているだろうよ。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合30
659:本当にあった怖い名無し(ID:XJ+vF4GG0)2010/08/09 08:28:55
>>653
戦争なんか、法王庁が隠す必要なんてない。
聖書の黙示録にも書いてあることだしな。

他のどんな恐ろしい事件だって、隠す必要はないはずだ。
最後には、敬虔な信者だけが、神の国の住人となるのであれば。

隠さなければならない理由があるとすれば、
彼ら(カトリック教会)の権威が失墜するか、
教えが覆ってしまうような内容だからだ。

「教会の嘘が曝かれ、法王は○第で途絶える」とか。
「審判の日が来てもキリストは再臨しない」とか。

だから、たぶん公表はされない。
されるとしたら、>>655が言うような、それっぽい偽預言だろう。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合30
611:本当にあった怖い名無し(ID:iQa+I5Iu0)2010/08/06 20:04:44
西日本の花火大会注意した方がいい
将棋倒し?かなにか感じるんだよ
あとは北海道の地震、ロスの大地震&山火事
もう世界が限界…
ポールシフト
北極の大きな穴と上空にいる母船
アガスティアの葉
クリスタルスカル
太陽系の12個の惑星
ミステリーサークル続々出現
3つの月
日月神示
書き換えられた聖書

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合30
212:本当にあった怖い名無し(ID:gqm3NVQP0)2010/07/19 19:49:10
何も出来ないって?
いいや、間違いだね。
もっとも、お前は気付いていても自分では怖くて言えないだろうから、
代わりに言ってやろう。

俺は、聖書に書かれているような、
終末が近づくと現れる偽予言者・偽メシアを見つけ、
こうして、その欺瞞を晒し上げているじゃないか。

ハッキリ言えば、ID:gqm3NVQP0や、 ID:DzHWNjgq0 は
人心を惑わし、人類に徒為す、悪魔の使いってことだ。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
652:本当にあった怖い名無し(ID:FDPF5I6j0)2010/07/09 01:19:35
>>646
日月神示に書かれている予言=日本への侵攻と侵略は、【日本だけを目標に
攻めて来る計画ではない】。

その時の世界の様相(つまり、世界も戦争状態の中)での中の、一つの流れとして
【日本侵略】が行われるはず。だから、日本 対 ロシア・・という対敵関係だけでなくて、
世界大戦の中において、ロシアと日本の【因縁関係】からロシアは日本に攻めて
来ると考えられる。

とすれば、その時期とはいつなのか? まずは中東での戦争が全ての始まりになるはず。
それから、戦争はアジアに広がり、その中での【日本侵略】になるはず。
そしてその次には、ヨーロッパに戦争は拡大して行くはず。

そしてヨーロッパから再度、戦争は中東のイスラエルに向かうはず。そして【聖書】に
ある様に、『憎まれし者が、聖地エルサレムの丘に立つ時、この世が終わると
錯覚する位の天変地異が発生するはず』。・・・・その時は、日本でも同じ様に天変地異が
発生して、富士山は大噴火。巨大な津波も発生して、日本国民もだけども、
日本を占領しているロシア軍も洗い流してしまうはず。そしてその時に残っている人口は、
3500万人と【日月神示】は予言しているはず。

では、その【日本侵略の開始】はいつなのか? と考えると、一番可能性があるのが
2012年の早春になる。 2、3月頃の可能性があると思う。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
643:本当にあった怖い名無し(ID:GOAqozcY0)2010/07/08 23:47:09
>>639
その様に、『希望的な楽観論』を持っている者は世界にも多い。
ヨーロッパにも、中東にも、アメリカにも多いはずだ。

『希望的楽観論』は、現実を見ないで、現実から逃避をしているので、
未来を明るく考えると思う。

しかし、今の世界を見てどの様に思うのだろうか。

「平和を! 戦争は二度と起こさないで欲しい」などとの声は世界に溢れるけれども
中東やアフガン、バキスタン、中央アジア、アフリカでも戦闘が行われている。
それらの現実から逃れて、「未来は明るい。大きな戦争は起こらない」と言うのは、
ただの「空想を話しているだけ」と同じと思う。

幾ら楽観論でロシアを見ても、今回の北方領土での軍事演習は実際に行われている。
日本に危機感を持たせる軍事演習をなぜ、北海道の近くで行う必要がある?
更には、フランスから「ミストラル級強襲揚陸艦」を強く買おうとしているのか?
戦闘はすでに終わっているグルジアに、まだ駐屯を続けている理由は何なのか?

その様に色々なことを考えると、ロシアには不可解な行動が多い。今回、中東の国々にも
大きく関わり始めている。それは正に、【聖書の流れに向かってる】。

今の世界は、『色々な考えを自由に発言できる環境にある』。
しかし、自由に発言をしても、それが正しい考えや、意見とは言えない場合もある。
『自由に発言できる』というのと、『正しい意見』とは、別のものだ。

だから、その様に発言したい(楽観論として)気持ちは分かるが、それが
『正しい意見』とは認められないと思う。 その様な楽観論で日本が進んで行くと
日本は簡単に【占領されてしまう】可能性があると思うからだ。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合29
976:本当にあった怖い名無し(ID:24uo5TIK0)2010/07/07 13:22:00
聖書にはっきりと印をもたらした偽預言者は永遠に死ぬと書いてある。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
590:本当にあった怖い名無し(ID:HdjHjJnL0)2010/07/03 23:41:44
これから先の希望は、ホピの予言を借りるならば、≪いずれは狂人や野獣人の
仲間に入る時が来る・・≫としても少しでもその仲間になる時が遅くなる様に
【願いを持つこと】かも知れない。

狂人や野獣人に変化をするとしても、幾らかは程度も違うかも知れない。
少しは救いのある狂人の程度で収まってほしい。その様な希望とお祈りを持ちながら
これからの生活を見始める必要があるのかも知れない。

全ての人々というか・・、人類は望んで狂人や野獣人に変化をするはずがない。
それは宇宙的な変化が人類にその様な変化をさせるはず。 まずは≪地磁気の減少≫により
人類を発狂さすはず。その次には大自然の姿を巨大な自然災害で破壊をして、
恐怖の余りに人間を発狂させて狂人にさせるはず。

そして最後には、【聖書】や【日月神示】、【ヒトラー予言】などで示されている
宇宙からの大破局でもって、人類の意識を完全に破壊をさせて発狂させ、意識を壊して
原始の姿=意識は野獣化した人間を作るのだと思う。

たとえそれらを知っていても、>>587 ■宇宙からの黙示録 ・・などや、色々な教えを
参考して、狂人や野獣化になるのを遅らせる事が求められているのだと思いたい。
【日月神示】などには、その時に善人は1000人に対して1人であると書かれていた。
それ程に周りの者は狂人になる。 自分も狂人になる。終末にはその様に
狂人と野獣人の社会が現れているのだと思うのだけれども。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
554:本当にあった怖い名無し(ID:yoibGkSW0)2010/06/30 20:37:40
第三次大戦の終わりが、なぜ? 2014年の10月なのか?という事を考えてみたくなる。

反キリストなのか? 反キリストに操られたロシアなのかは分からないけれども、3年半は
世界を征服する力(ちから)を与えられると聖書には書かれている。
なぜ? 世界の征服期間が3年半なのか?

それは大戦が終わるにしても、征服期間が終わるにしても、≪宇宙からの大破局≫により、
地球の様子が完全に破壊をされるので、第三次大戦を続けられなくなっていると
考えられるのではないのか。 どの国も天変地異という自然災害で破壊をされているので、
征服が続けられなくなっている。 だから第三次大戦は2014年の10月に終わる事に
なているのではないのだろうかと。

その様に考えると、≪宇宙からの大破局≫・・2013年の冬に来るのではないのだろか。
そしてその天変地異は数ヶ月は続くはず。 年が変わり2014年に入っても天変地異の
自然災害は続いているはず。 だから第三次大戦は続けられなくなり、2014年の10月に終わる。
・・その様な流れになるのではないのだろうか。

では、2012年の12月23日は、何なのか? もしかすると、太陽系に接近している
≪ニビル惑星≫を世界が知ってしまう時期になるのでは、ないのだろうか。
≪ニビル惑星≫の存在をハッキリと確認できた事により、人類の営みの全てに意味が
無くなると知る日になるのではないのだろうかと。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
552:本当にあった怖い名無し(ID:mujpa0NK0)2010/06/30 19:49:58
ロシアやアメリカは真剣に≪ニビル惑星≫を探している。 すでに見つけて追跡しているのかも
しれない。 南極に追跡専門の天文台まで作っているのがアメリカ。 ロシアは≪ニビル探索衛星≫を
打ち上げている。 だから、これからの≪宇宙からの大破局≫には≪ニビル惑星≫が関わって来る
公算があるのだと思う。

しかし、>>549 の 「聖母マリアの大警告 」では、彗星が大災難を持って来ると書かれている。
だとしたら、≪ニビル惑星≫がその地球に大災難を持って来る彗星を引きつれて
宇宙からやって来るのかも知れないと想像したくなる。

しかし重要なのは、その彗星の接近する時期。 寒い時期=冬至の期間であると解釈できる。
2014年の10月(第三次大戦が終わる時期)までに寒い時期は、4回ほどしかない。

2010年の冬、2011年の冬、2012年の冬、2013年の冬。 更に、すでに大戦が始まっていて、
大戦が終わる時期になると書かれている。 【聖書】にもこの様に書かれている。

新約聖書「イエスの預言」=「小黙示録」の預言   ↓
http://oriharu.net/fuujin/jyogen2.htm

エルサレムが軍隊に囲まれるのを見たら、その滅亡が近づいたことを悟りなさい。 (ルカ第21章20)

「預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者が、聖なる場所に立つのを見たならば、
そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。屋上にいる者は、家から物を取り出そうとして下に降りるな。
畑にいる者は、上着を取りにあとへもどるな。その日には、身重の女と乳の飲み子をもつ女とは、
不幸である。あなたがたの逃げるのが、▲冬または安息日にならないように祈れ。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
551:本当にあった怖い名無し(ID:mujpa0NK0)2010/06/30 19:36:19
聖書は終末予言の書である  2007年2月15日(木)
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/tsubuyaki060215.html

  預言書で重要、かつ不思議なことは、書かれた年代も筆者もバラバラなのに、語られる内容が
巨視的にはピタリと一致していること。それも時代の経過と共に、世の事象は預言書通りに
現実化されていることである。

  代表的なものでは、ユダヤ民族の全世界への離散とイスラエルの再建。イエス・キリストの
誕生から、十字架にかけられ、復活にいたるまでの具体的な描景が、BC100~500年の間に
別々の人物によって幾十も預言されている。

  こうなると、聖書の預言とは、神(人類のルーツである超知性体)から与えられた人類の
シナリオと考えて良い。しかも内容は単なる教訓的なものではなく、想像を絶する恐怖に
満ちた内容だった。新、旧約聖書の全体を貫いているテーマは人類の終末に関することで、
われわれの前途には血も凍るような大試練が待ち横えているというのだ。しかも、
時期はあまり遠くないようである。
-------------------------------

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
547:本当にあった怖い名無し(ID:mujpa0NK0)2010/06/30 18:48:37
【日月神示】にしても、【聖書】にしても時期の特定が難しい。
共に大戦が起きる時期としているし、その大戦に、≪宇宙からの大破局の到来≫と
≪地球に起きる天変地異≫という大きな3つの大異変が重なっている時期と思うので、
時期の特定が難しい。

そもそも、≪宇宙からの大破局の到来≫を、≪ニビル惑星の到来≫と重ねている=無意識の
感覚があるのだと思う。 そして、その≪宇宙からの大破局の到来≫の時期を
マヤカレンダーでの2012年12月13日に結び付けている=無意識の感覚があるはず。

もしも、≪宇宙からの大破局の到来≫時期が、2012年12月23日でないとしたら、
聖書】、【日月神示】などでの、時期は大きく変わってしまうはず。
だとすると、時期の特定には、≪宇宙からの大破局の時期≫が重要になるはず。
しかし、素人にはその時期は分からない。 科学者や大きな国家は≪ニビル惑星の探索≫を
続けているけれども、情報は出さないはず。

ヒトラーの予言→ 2014年には・・・・アメリカの3分の1は荒廃する。 しかし10月には
大戦は終わる。 大戦の末期には、【聖書】にも書かれている様に世界には、天変地異が
発生をして大地震や大津波が発生するはず。 【日月神示】にも、富士山の噴火が予言されている。

だぶん、日本に核兵器が落とされるのは、アメリカがアラスカをロシアが完全に破壊をする為に、
日本を占領しているロシア軍に対して報復をする為に、日本に3回目の核爆弾を投下する可能性も
あると思う。 大戦が始まっていて、爆撃機や核兵器を持ち続けていられるのは、大国しか
出来ないはず。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
545:本当にあった怖い名無し(ID:WZgK/9pJ0)2010/06/30 17:54:12
では、ロシア軍が北から日本に攻め入るのはいつなのか?

次の部分より時期を推理できるかも知れない。

△雪割草(早春)の間より 暗雲低く△仇鳥の 舞ひ降り上る恐ろしさ
血潮に赤き統一も ▲一年余年の殺りくも ここに終わりて神の子は・・

※日本を占領する期間が、一年と余年と書かれている。 攻め込むのは春もまだ早い早春。
 そして、マヤカレンダーでの2012年12月23日頃の滅亡説。 なども参考にして考えると、

 その年の一年前は、2011年の12月になる。 それに、≪早春≫という言葉を加えると、
≪早春≫は、2011年しかない事になる。 推理上では、それからするとロシアが北から
攻め込むのは、2011年の早春という事になる。

しかし、その時期は、後8ヶ月後という短い先になる。・・そんなに早急な時代の変化を
信じられるのだろうか? この様に推理をしていても、2011年の早春には、北に変化が起きるとは
とても信じられないのだけれども。

しかし、この様にも書かれている→ △シベリア狐は死にたれど △魂の邪霊は様々に
▲妖霊呼んで東天は ▲北から攻め入る非道さよ。 ・・・それは、ロシアというよりは≪悪霊に
支配をされた国の軍隊≫という表現がされている。 人知を超えている▲悪霊がロシアに
乗り移っていると書かれている。 ・・・だとしたら、普通のものが、ロシアの計画や動きをまったく
予測できないし、ロシアの考えをまったく知る事は出来ない事を意味している。
その≪悪魔的な変貌が・・≫本当に世界を恐怖に落とし入れるのだと思う。 【聖書】にも
それは書かれているのだから。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合29
716:本当にあった怖い名無し(ID:+UFk+6V20)2010/06/28 14:35:07
英国と米国と二派に分かれて工作活動してると思う。

英国グループと米国グループは対立しているようだけど、
みせかけの対立だからね。

騙されるのは、その中間に位置する国。
今回は、中国か、日本か。

世の支配者が断罪されるはずだから、みんな自分の上に支配者を置きたがる。
偉い人達が、最後の時期までへりくだるのはそういう理由。
誰が最後に責任取をとるかのイス取りゲームだよ。
日本人は、騙されないでね。

でもね。聖書の解釈上で『勝利』を得たとしても、それは本当の『勝利』ではないの。
生涯を終えた時、きっとそれがわかるはずだから。

自分達がしてきたことに後悔しないように。
どんなことがあっても、(何も無く平和に過ごせれば一番いいけれど、)
最後までまじめに生きようね。、

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
467:本当にあった怖い名無し(ID:RxlW/A8/0)2010/06/26 17:25:26
>>464
たぶん、そうやってこの世のシステムがあぼんする
聖書にはこの世が終わるとは書いてない
この世の体制つまりシステムの終結とある

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
441:本当にあった怖い名無し(ID:1FIQhhh/0)2010/06/25 21:34:05
>>440
聖書予言の天使の第三のラッパとかヒトラー予言宇宙からのカタストロフィーなどの
監視体制が始まったな。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍6
432:本当にあった怖い名無し(ID:+3q3dvya0)2010/06/25 17:59:21
 ホピの予言 → これから起きる予言
            http://hyla.jp/future.htm

 予言によれば、高い地位にいる人たちが倒され、倒した側の低い地位の者たちも
同じように倒される時が来る。  その動きは強くなり、拡がり、やがて収集がつかなくなる。

 こうした動きは我々の国でも起きる。 最後には、これが聖書版アルマゲドンの
ひきがねとなる。(ホピ版のそれにも関係する) 善と悪の決着をつける最後の戦いとなるのだ。

 戦いは、ひとりの神か首長が始める。

 注目 → もしこれが実現しなければ、▲人類、▲あるいは大自然によって
       ▲壊滅的な災害が引き起こされることになる。
   ------------------------------------------
※注目の部分には、第三次大戦がもしも起きない場合には、第二の災害として、
  ▲人類そのものが自ら=【壊滅的な災害を起こしてしまう】と書かれている。
  そして、人類が大災害を起こさない場合には=大自然が人類に代わって【壊滅的な大災害】を
  起こすと書かれている。

  とする時に、仮に第三次大戦が発生しなくても人類は、完全に≪破壊から逃れられない流れ≫に
  入れられている事になりそうだ。 ---しかし、今回分かったけれども、ホピが予言している様に→
  ▲人類は自ら=壊滅的な大災害を起こしてしまったと思う。 その大災害とは=
  メキシコ湾沖の原油事故。 ---もう・・・人類の力では止められない感じがするのだが。
841件~870件 (全1115件) 29/38ページ