シュタイナーでの検索数:41件

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合472
522:本当にあった怖い名無し(ID:tCB80AFt0)2014/04/05 13:07:35.1
>>516
いや、分かるよ
エヴァは思いっきり、グノーシス派のキリスト教をネタにしてるし、ドラゴンボールは精神分析
で人間の深層心理にある象徴がちりばめられた物語らしいからね

ただシュタイナーによれば神話が生まれた時代の人間は神々が活動している領域の霊視能力
を持っていたらしい
それ以外にも祖先の持っている記憶をそのまま受け継ぐような人間の在り方があった時代もあ
ったらしい
それはあくまでもシュタイナーの霊視だし、真偽は断言できないけど
とにかく生と死が明確に断絶した現代人の意識状態で古代人の意識を推し量るべきじゃないと
俺は考えてるんだよね
現代人の意識状態に近いものが生まれたのはギリシア哲学が隆盛を極めた頃で、特にゾロアス
ターが活動していた頃の人間の意識は現代人とは別物なんだって

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合472
497:本当にあった怖い名無し(ID:tCB80AFt0)2014/04/05 12:18:09.6
>>361
>人間はいずれ死ぬことがこわくてたくさんの神話や哲学を生み出した

R・シュタイナーによれば神話の時代と今では人間の意識の在り方は異なっていたらしい
当時は民族霊の活動が如実に人間に感じることが出来て、その民族の記憶が神話となった
ということらしい
そういう原初的な霊感はもう失われて、今の人類は知性を発達させてきた
それがゆえの愚かさや弊害が噴出してきているのも現代の特徴なわけだが

死が怖くて物語を紡ぐというものの見方もいささか現代人的なモノさしで見過ぎな感があるわ

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合470
719:本当にあった怖い名無し(ID:ivDzyeNE0)2014/04/01 13:53:27.8
>>717
俺もシュタイナーはそこまで詳しくないから
こことかを参照してくれ

http://plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/200711100001/
アーリマンは壮大な方法で、魔術によって非常に多くの人間を霊視者にすることができるからである。アーリマンは個々の人間を恐ろしいほど霊視的にする。しかし、どのように霊視的になるかは、個々の人間で全く異なっている。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合470
717:本当にあった怖い名無し(ID:5/MzypEB0)2014/04/01 13:42:29.7
>>712
シュタイナーってオカルトと哲学の中間っぽい人か
霊視的ってどういう意味?
専門用語?

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合470
712:本当にあった怖い名無し(ID:ivDzyeNE0)2014/04/01 13:35:46.3
個人救済すら叶わない人の特徴は
攻撃性丸出しで口を開けば悪口が出てきて、やたらと霊視的で他人の命を付け狙うような人間
じゃないかと思う
以前、マスコミ系の企業に務めたことがあったけど、こういうタイプの人種が余りにも多いことに
驚いた
だから、そういう会社に入ると命を落とす危険があるから気を付けた方が良い
R・シュタイナーが「アーリマンの影響を強く受けた人は霊視的になる」って書いてるけど、それは
事実だと思った
某マスコミ系の企業には攻撃性丸出しの霊視者が大勢いたから
だけど、こういう人達の業は余りにも深すぎて本当にどうすることもできないと思った
だから、もう全体救済は不可能っていうのはマジだったんだろう

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合456
610:本当にあった怖い名無し(ID:xBNbl8xn0)2014/03/03 03:06:26.6
628 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 20:22:51.14 ID:yqsD7GcU0
何度も同じ事書くの面倒だし。過去に似たような事書いてるの探して貼ったりしてた。
探しても時間かかるし。

ハッキリ書いちゃうよ。だから。いろんな人が言ってるでしょ。
“必要な時に真理を携えたものが現れる。だからそういう者が現れたら悟りなさい”って。
どういう意味わかりますか?

シュタイナーも。ヒトラー政権の前に予言したし。宇宙の法則を携えてきた。
だから。そういう事。

戦争は絶対起こらない。大地震は絶対起こらない。それは願望だ。
そう思う人は思えばいいですよ。好き勝手。自由でいいのですよ。
そんなに肩に力入れなくたって。責めるつもりもありませんよ。

ただ。これ知ったからには。知らせる役目があると思っています。
ガイドもする役目もあると思っています。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合455
97:本当にあった怖い名無し(ID:dAy3SsJRP)2014/02/27 14:40:40.8
昔から愛国派が特亜側に勝ちそうになると、良識派ぶって「どっちもどっち」
みたいなことを言って自分を優位に見せようとする卑怯者が身内にいるよな
これは10年以上前からありきたりの現象
こういう議論自体を茶化して水を差す奴がいるから、ここまで事態が悪化した
んだろうが
今は国家存亡の危機だし、もはやそんなお高くとまれるほどの品格なんて社会
からとっくに失われているし、今こそ、このスレでも大いに語るべきだろ

哲学板のシュタイナースレでも最近では朝鮮問題について語られることが増えた
以前じゃ、そんなこと考えられなかったし、明らかに社会の空気が変わってきた
人類愛を語っていた人達が自分の身を守るために外国の脅威に対処するための術
について考え始めた
昔だったら、その人たちは日本は朝鮮を分裂状態にしたカルマがあるし、それを
受け止めないといけないって言ってた人達なんだが

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合452
830:本当にあった怖い名無し(ID:iYUyTEu50)2014/02/20 19:26:00.5
浅田真央の玉砕こそが『神々の黄昏(ラグナレク)』の一つの象徴なのかもしれんよ
シュタイナーも言っていたようにこの地球は、人類は悪魔の手に落ちる
だが、それでも精神的な価値に生き続ける人の存在が人類の未来を形作る

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合448
952:本当にあった怖い名無し(ID:psfZFP320)2014/02/08 20:11:08.5
ここ数年振り返って。積み重ねっていうのは大きい。
人生を変えるものだね特に子育てね。

だからその法則をしているのと知らないとでは。全く違う結果だろう。
この法則はあらゆることに通じているって何度も書いてる。

科学、教育、家庭、社会。全てね。

こう言う結果になると。思わなかった。大多数の人は。
決め付けだったり。自分の期待や願望を手放そうとはしない。
結果がどうなるかは分からなかった。その法則を信じたというだけ。

これは結果が出てきてから。因果関係が分かったし。納得した。
本当の意味で。納得したね。シュタイナーも書いていたけど。
自分の体験として納得した。宇宙の法則はあらゆることに通じている。
他の人達との開きを感じる。特に子育て。だから。

気がついた時に新しい価値観にとって代わっても。
もうかなり難しい。ついていけないと思うよ。

人格の形成。思考パターン。
日々、体験は年輪やミルフィーユのように積み重なっている。

振り向けば大きな距離、方向の違いだ。

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍25
27:本当にあった怖い名無し(ID:OZHNSCcK0)2014/01/20 21:24:28.2
>>25
近代神秘学の源流のひとつがブラヴァツキーのテオゾフィー(神智学)、
その流れを汲む「ドイツ白魔術」がルドルフ・シュタイナーのアントロポゾフィー(人智学)、
ワイマール時代にシュタイナーとの霊的戦いに勝利したのが「ドイツ黒魔術」のアリオゾフィー

因みに語尾の「〜ゾフィー」とはギリシャ語の「ソフィア」が語源で、知恵とか哲学などの意味
日本では何故か語尾を伸ばさない「アリオゾフィ」が一般的に定着しているのでそう表記する

フェルキッシュはドイツ語の「フォルク(民族)」からの派生語でアーリア民族至上主義を指す

ハウスホーファーはナチス周辺では最強の魔導師の一人

いずれもヒトラーやナチスのオカルト的理解の為には必須の用語

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合444
628:本当にあった怖い名無し(ID:yqsD7GcU0)2014/01/20 20:22:51.1
何度も同じ事書くの面倒だし。過去に似たような事書いてるの探して貼ったりしてた。
探しても時間かかるし。

ハッキリ書いちゃうよ。だから。いろんな人が言ってるでしょ。
“必要な時に真理を携えたものが現れる。だからそういう者が現れたら悟りなさい”って。
どういう意味わかりますか?

シュタイナーも。ヒトラー政権の前に予言したし。宇宙の法則を携えてきた。
だから。そういう事。

戦争は絶対起こらない。大地震は絶対起こらない。それは願望だ。
そう思う人は思えばいいですよ。好き勝手。自由でいいのですよ。
そんなに肩に力入れなくたって。責めるつもりもありませんよ。

ただ。これ知ったからには。知らせる役目があると思っています。
ガイドもする役目もあると思っています。

まだ上手く繋がれない人にとって。目に見える形で。
文字に起こして色々なインスピレーション。
ガイドはとても貴重だと思いますよ。

受け入れられなくても。白黒答えを出せなくても。
そのままの。それぞれの受け止め方でいいのですよ。
大体。預言者とは。多くの人が受け入れられないような事を。
伝えられることが多いのは。そういう事だと思います。

鏡で自分と相撲取ってる人が。務めるのは難しいでしょ?

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合430 - オカルト超常現象
481:本当にあった怖い名無し(ID:zNwItoim0)2013/11/26 13:40:37.0
 918 本当にあった怖い名無し=sage=2013/01/30(水) 17:16:41.77 ID:dYjzysmXO

最近、二極化という単語を使って自分の主義主張を正当化する人が増えてきてるな

ものの解釈の二極化など古来からあっただろうにアホかと

1925年3月、シュタイナーは力尽き、他界した。ヒトラーが政権を握るのは、これから8年後のことである。
1933年1月30日にヒトラー政権が誕生した

439 名前:本当にあった怖い名無し :2013/02/21(木) 07:45:51.72 ID:8OlsWN/Y0
一見関係ないと思うようなことでも、全て繋がっています。
シュタイナーは私たちの世界すべてにそれが必要だと説いたし、
すでに表現されていることもあると思います。

946 :本当にあった怖い名無し:2013/01/31(木) 08:53:32.63 ID:J2Gt9qua0
統合、内を目指す人 ルドルフ・シュタイナー
分離、外を目指す人 ヒトラー 

調和をもたらす事、不調和をもたらす事として対に例えられるかもしれませんが。
光は闇を理解で包括しています。分離していません。統合しています。
闇は闇にしかいられません。理解がないからです。だから分離しています。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合430 - オカルト超常現象
479:本当にあった怖い名無し(ID:zNwItoim0)2013/11/26 13:27:02.6
916 本当にあった怖い名無し==2013/01/30(水) 16:16:36.89 ID:OVpfFd6L0

ヒトラーがまだ無名だった時代、その出現と災禍を予告したオーストリア人がいた。
その男の名は人智学の創始者ルドルフ・シュタイナー

ヒトラーの精神的指導者であるディートリヒ・エッカルトは次のような言葉でシュタイナーを評していた。
シュタイナーの霊的洞察力の前にあっては、何事も隠しおおせるものではない。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合382 - オカルト超常現象
988:本当にあった怖い名無し(ID:n35pLRNS0)2013/09/02 04:06:28.0
その、“受容”とかシュタイナーの言う“諦め”とかいうのが出てこない。
もちろんただ本を読んでいるだけだから。私もこの人の一部分しか読んでいないし、知らない訳だけど。

この一文も気になる。
『そうした害虫もまた悪の手先なのです。悪もまたコントロールされなければなりません』
分離してる。

分類も。善、中立、悪で分類して説明してる場面もある。
いや、それぞれの発達で見え方は色々だし。うん。解釈も色々だから。
ただ“真理の人”ではないな。って率直に思ったから。書いておく。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合378 - オカルト超常現象
66:本当にあった怖い名無し(ID:PfuN1q9m0)2013/08/16 04:38:33.1
946 :本当にあった怖い名無し:2013/01/31(木) 08:53:32.63 ID:J2Gt9qua0
統合、内を目指す人 ルドルフ・シュタイナー
分離、外を目指す人 ヒトラー 

調和をもたらす事、不調和をもたらす事として対に例えられるかもしれませんが。
光は闇を理解で包括しています。分離していません。統合しています。
闇は闇にしかいられません。理解がないからです。だから分離しています。

原因があって結果があります。
それだけです

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合377 - オカルト超常現象
900:本当にあった怖い名無し(ID:5F+ysqQ50)2013/08/15 19:05:31.5
当然ほとんどの人の興味は、自分に降りかかる事。災害だったり戦争だったり。経済だったり。

シュタイナーはヒトラーが政治を握るおよそ8年前に預言した。
ちゃんと必要な時に“現れる”

沢山、著書出してるみたいだけど。何冊かしか。まだ読んだことない。
ズバリ真理を知ってる人だなって思うよ。教育に科学に真理は通じる。と書いてる。
心から納得するよ。同意する。

いや『全て』に通じるね。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合374 - オカルト超常現象
596:本当にあった怖い名無し(ID:vSNQtNHb0)2013/08/04 18:23:28.3
455 名前:本当にあった怖い名無し :2013/05/13(月) 19:02:38.43 ID:BRGN5jaU0
どれだけの血が流れて今の自由や権利を得たか。完全な自由じゃなくてもね。
多くの人が苦しみ悲しみその上に今、立ったせてもらっているか。

二極化を見る事になるだろう。
正しいものと、そうでないものに完全に別れたもの。その究極が?独裁?。

シュタイナーがヒトラーの事を予言したのはわかるよ。
思考で行動が決まるからね。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合368 - オカルト超常現象
177:本当にあった怖い名無し(ID:xlJk7pBi0)2013/07/14 21:32:55.5
>>173
シュタイナーによれば、科学は悪魔が人類に与えたものだと言っています。
我々は悪魔的なものを日常的に駆使しているわけで、その使用には常に危険が伴うんです。
科学万能の原発推進派のいかに愚かなことか・・・。

果たして、こんなことをここに書いていいものか迷いましたが、多くの人に危機感を持ってもらう
ためにあえてここで書きました。
逆さまの信念を持っている人達が一人でも正気を取り戻すことを信じて・・・。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合363 - オカルト超常現象
754:本当にあった怖い名無し(ID:GePIKitX0)2013/05/29 19:19:41.5
アトランティス時代は道徳的に逸脱して、自我の火花を弄んだ一部の人間のために
文明全体が滅亡したとR・シュタイナーは言っている
生命の核力を使って火遊びをしてるのは現代も同じ
本当に皆が危機意識を持たないと人類ヤバいぞ、これ

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合363
754:本当にあった怖い名無し(ID:GePIKitX)2013/05/29 19:19:41
アトランティス時代は道徳的に逸脱して、自我の火花を弄んだ一部の人間のために 文明全体が滅亡したとR・シュタイナーは言っている 生命の核力を使って火遊びをしてるのは現代も同じ 本当に皆が危機意識を持たないと人類ヤバいぞ、これ

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合361
455:本当にあった怖い名無し(ID:BRGN5jaU)2013/05/13 19:02:38
どれだけの血が流れて今の自由や権利を得たか。完全な自由じゃなくてもね。 多くの人が苦しみ悲しみその上に今、立ったせてもらっているか。 二極化を見る事になるだろう。 正しいものと、そうでないものに完全に別れたもの。その究極が〝独裁〟。 シュタイナーがヒトラーの事を予言したのはわかるよ。 思考で行動が決まるからね。 憲法が変われば“平和”に関する表現する事は難しくなるだろう。 多くのものが逮捕され投獄され、拷問されたか。 過去の歴史を見たらわかる。 神は全てを見通して事前に完璧に計画される。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合350
181:本当にあった怖い名無し(ID:4ocPFuUP)2013/04/01 03:32:34
2年前の事を書くのは、どれだけ色眼鏡で見ていたか気が付くため。 逃避や否定しかできない人はそれでもいいんだ。それが〝自分〟なのだから。 幼稚園に来て新聞を読み聞かせても、講義しても、それは理解できなくて〝当たり前〟の事。 〝私〟が場違いなんだよ。理解しなさいと振りかざすつもりもない。 だから、シュタイナーも書いている。『無理に理解する必要はない』まだその時じゃないから。 ここは場違いだから。新たな方法を考える必要はあるだろうなとは思っていた。 下の子供がまだ小さかったし、海外からも書いたこともあった。 忙しい合間にどこからでも思いついたときにすぐ書けるのは良かった。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合344
264:本当にあった怖い名無し(ID:guVzLhFC)2013/03/16 05:19:22
だから気がついていたよ。シュタイナーも書いてる。 それは現代科学的な視点でもある。 霊性の発達は同時に科学的視点の発達でもある。 真実を知る方法であり、同じ視点だから。 霊性が発達すると天と繋がりやすい。 同時に科学分野でも飛躍的に発達する事は容易に予想できる。 あの“光”をどう理解して説明したらいいか。考えていた。 ある人は“聖霊”だと言ったり、〝守護天使〟だと言ったり。UFOだと言ったりする。 見ている“光”は同じものを指しているけれど、言葉の持つイメージで色々限定されてしまう。 愛と理解の存在。同時に“科学”の発達した存在。そう理解している。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合303
337:本当にあった怖い名無し(ID:P+BZTnGr)2012/11/20 18:51:34
>>331 ルドルフシュタイナーによれば古代の社会において政治・経済・宗教は未分離だった 今でもそれらが一体になっている中東のイスラム社会やアフリカの未開社会もある 現代の資本主義のスタイルは、17世紀ごろのヨーロッパで商業が勃興し、商人たちが教会によって 自分たちの商売のやり方を束縛されるのを嫌い、法制度や商慣行を宗教から切り離したためらしい。 だから、古代の経済においては宗教が枷となってエゴイズムが抑制されていたが、現代の資本主義 ではその枷がなくなり、経済活動を通じて社会に害悪をもたらすほどエゴイズムが社会に影響を及ぼ すようになったとか・・・。 今や世界は資本主義と人間のエゴイズムのせいで滅びかかっている。 エゴイズムの克服は人類の存続にとって急務だ

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合295
750:本当にあった怖い名無し(ID:8OM7kIWK)2012/10/12 02:10:11
弥勒菩薩とは誰か http://home.att.ne.jp/apple/world/miroku1.htm http://home.att.ne.jp/apple/world/miroku3.htm http://home.att.ne.jp/apple/world/miroku4.htm さて、シュタイナーは弥勒菩薩を指してこう語っている。 「弥勒は将来、人間にキリストを完全に見出させるために、弥勒仏として地上に下るであろう。 彼はキリスト衝動の最大の告知者となり、多くの人々に、ダマスコ(ダマスカス)の体験を可能にするであろう」  1910年4月13日 弥勒菩薩は五十六億年七千万年後の未来に下生するとされているが、シュタイナーは、釈迦が菩提樹下で 悟りを開いてから、五千年後に弥勒菩薩は弥勒仏になるとし、今世紀から三千年後に弥勒仏になるまで、 弥勒菩薩は何度も、各世紀毎に地上に受肉すると言う。 ヒトラー vs R・シュタイナー http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha801.html 「ヒトラー=ルシファー」説 http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha807.htmlシュタイナーによれば、「ルシファー」とは、人間の中にあらゆる熱狂的な力や、あらゆる誤った 神秘主義的な力を呼び起こす能力を備えた存在で、現実から乖離した夢想の世界に人を 迷いこませるのに対し、「アーリマン」は、人間を無味乾燥で、散文的で、俗物的な存在にし、 人間を頑なにして唯物論という迷信へと導くという。 つまり「アーリマン」は「唯物論の悪魔」で、シュタイナーはメフィストフェレスと同一であるとしている。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合282
592:本当にあった怖い名無し(ID:3HTEhkgE0" class="ni)2012/08/31 14:40:23
●なお、「悪魔」についてだが、
人智学のシュタイナーの言うところでは、悪しき霊的存在には2つあって、現代の我々は、
「ルシファー」よりもむしろ「アーリマン」の働きかけのほうに警戒しなくてはならないと言っている。
「アーリマン」というのは、ゾロアスター教の「アンラ・マンユ」に由来する闇の霊で、
古代ペルシャの時代から人々に恐れられていた悪魔の名前である。

シュタイナーによれば、「ルシファー」とは、人間の中にあらゆる熱狂的な力や、
あらゆる誤った神秘主義的な力を呼び起こす能力を備えた存在で、現実から乖離した夢想の世界に
人を迷いこませるのに対し、「アーリマン」は、人間を無味乾燥で、散文的で、俗物的な存在にし、
人間を頑なにして唯物論という迷信へと導くという。
つまり「アーリマン」は「唯物論の悪魔」で、シュタイナーはメフィストフェレスと同一であるとしている。
それで歴史的に見ると、ルシファー的なものが人類に強力に働きかけていたのは、
紀元前から西暦紀元初めの数世紀までで、15世紀以降は「アーリマン」の力が強力に働きかけ続けており、
近い将来、「アーリマン」の影響力はピークに達し、「アーリマン」は人間の姿で現れ(受肉し)、
ほとんどの人類が「アーリマン」の手に落ちる危険に直面すると警告している。

●もっとも、シュタイナーによれば、この「ルシファー」と「アーリマン」という存在は、
単純に「悪魔」として外在するのではなく、人間ならば誰しも常に自分の中に、「ルシファー」と「アーリマン」
という2つの極が存在していて、各人間はその2つの力の間で均衡を保つために苦労をしているそうである。
そして、「ルシファー」と「アーリマン」の中間に立つ第3の存在が「キリスト(精神)」にほかならない
シュタイナーは説明している。
要は、2つの力の間でバランスを保つことが人間の“霊的成長”における秘訣というわけであろうか。



( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合282
590:本当にあった怖い名無し(ID:3HTEhkgE0" class="ni)2012/08/31 14:33:31
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha801.html
●ヒトラーがまだ無名だった時代、その出現と災禍を予告したオーストリア人がいた。
その男の名は人智学の創始者ルドルフ・シュタイナー
そしてまた、ヒトラーのオカルト的精神が最も敵視したのが、同じ神秘主義の世界に生きた
このシュタイナーだった。シュタイナーは、ヒトラーが「唯一、完全に抹殺したい」人間であった
と言われている。

シュタイナーは現代史の中に2種類の霊的な力が激しく衝突するのを見ていた。
既に1917年の段階で、彼は講演の中で次のように語っていた。
「〈光の霊たち〉は今、人間にインスピレーションを与え、自由の観念と感性を、自由への
衝動を発達させようとしている。それに対して〈闇の霊たち〉は人種的、民族的な関連、
血に根ざした古い衝動を現代に甦らせようとしている。人種、民族、血統の理想を
はびこらせることほど、人類を退廃へ導くものはありません。」

●ところで、シュタイナーは晩年、「偽りへの衝動」について繰り返し警告を発していた。
シュタイナーは、これからは、ありとあらゆる「常套句」「スローガン」「嘘」あるいは
「空虚なフレーズ」が社会にはびこることになるだろう、と予言した。人々は初めはその
「見え透いた嘘」を笑うかもしれないが、やがて感覚が麻痺して、その中に取り込まれてしまうだろう。
実際すでに多くの人々が、優れた人々さえも、そのような「空虚なフレーズ」を知らず知らずのうちに
受け入れてしまっている、とシュタイナーは言った。
後のナチス政権が宣伝を巧みに用いて大衆を煽動したことを考えると、シュタイナーの警告が
妥当であったことが実感できる。
そして、この警告は現在の我々の社会にも当てはまるといえよう。



( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合278
854:本当にあった怖い名無し(ID:egVrOMN50" class="ni)2012/08/17 23:39:52
>>841
へぇ、そうなのか

シュタイナーには以前から興味があって、「社会有機体三分節化」というものがいかなるものか
いつか本格的に勉強してみたいと思ってたんだわ
ただシュタイナーの本って翻訳が悪いのか俺の頭が悪いのか理解するのが難しいんだよな
「自由の哲学」を何年か前に読んだが、わけわかめで唖然とした
二元論と一元論の対立の超克がテーマだってことが何となく分かっただけ

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合278
841:本当にあった怖い名無し(ID:Fi68GiL20)2012/08/17 22:59:07
>>839
必ずしもそうといえん、シュタイナーの社会論などアナーキズムに近いし
左翼といってもいろいろある

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合236
684:本当にあった怖い名無し(ID:vCshQcmP0)2012/04/04 21:56:20
>>651さん
ほとんどがイルミナティの勢力=<例>スウェーデンボルグ、ブラバツキー、シュタイナー、大本教、日月神示、etc
ということでしょうか?

1件~30件 (全41件) 1/2ページ