SceQNcD0での検索数:5件

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合433
430:本当にあった怖い名無し(ID:/SceQNcD0)2013/12/05 11:43:07.2
ひとつだけ助かる方法があるのです。
その方法とは、皆さんが非物質としてこの世にとどまることができる存在になるのです。
ここからは現実離れした話になりますが

究極的にヘミシンクを極めた人間は、肉体から離れて精神のみで
存在しつづけることが可能なのです。

この状態になれば、いくら地球が滅んだとしても、生き続けることが可能なのです。
よその星の高度な文明を築いた生物はみな、この精神のみの状態で存在できるところまで
到達しているのです。我々地球人も、さらなる飛躍を可能にするために
次のステップに踏み出す必要に迫られているのです。

私はこれから皆さんを救う方法を、わかりやすく誰でもできる流れを提示することで導きたいと思います。
しかしそれにはもうすこし時間がかかります。
あと数日お待ちください。これから数日の間に、あなたたちには準備をしてほしいのです。
今の肉体を捨てるという覚悟を。そして、これから迫りくる地球の終わりに対しての勇気を。
できることなら、今のうちにまわりの人に親切にしてあげてください。

綺麗な心の人ほど、肉体から離れることが容易になるからです。
自分だけが救われるのではなく、人類すべてが救われることを望める存在になってください。
それでは皆さんを救うための作業に移ります。
皆さんの幸せを切に願っています。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合433
427:本当にあった怖い名無し(ID:/SceQNcD0)2013/12/05 11:35:04.9
海外では核戦争、日本は地震にさいなまれ、2014は世紀末の様相を呈した年になります。
しかしまだ、これは終わりではないのです。

2014年の夏以降に、巨大な隕石が落ちてきます。その隕石は地球すべてを揺るがし
沢山の命を奪います。
そして、ここからが重要なのですが、彼らがやってくるのです。

彼らがどこからきたのかはわかりません。
しかし確実にいえるのは、彼らはわれわれ地球人よりも高度な文明を持っており
われわれがこうなることを、ずっと前から知っていたのです。

安心してください、信じなくていいのです。なぜなら彼らがこの地上に姿を現す頃には
地球上の人間の約5割は死滅しているのです。
彼らはのこりの人類に何を言うでしょうか。
彼らが差し伸べるのは救いの手でしょうか。

違うのです。彼らは審判だったのです。
彼らは、これまでも地球の文明が、私たちレベルに高度になり、そして
争いだし、収拾がつかなくなったときに現れては、ゲーム終了のコールをしてきたのです。
そう、地球は何度も、同じゲームをやり直し、新しくゲームをやり続けてきたのです。

私たちは2014年に、一度ゼロにされてしまうでしょう。
しかし、ゼロになることを、もはや拒むものがいないほどに、この地球は
核戦争と、地震と、噴火と、隕石と、津波と、放射能で絶望的なまでに破壊しつくされるでしょう。
だれもリスタートを拒むものはいないでしょう。

話をはじめにもどします。私は未来予知のできる能力者集団の一人です。
私は上層部の判断から、この日本が崩壊することを見てみぬふりをしろと命令されました。
しかしそれに納得できずにあらがうことにしたのです。
では、これまで話してきたことはなんだったのか。
地球が滅んでしまうのなら、このような話をしても、結局みんな終わってしまうではないか。
皆さんはそう考えているでしょう。じつは違うのです。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合433
424:本当にあった怖い名無し(ID:/SceQNcD0)2013/12/05 11:25:19.0
はじめに北朝鮮が、唐突に核ミサイルを韓国に撃ち込みます。
これは12月中旬です。テレビはこの話題でもちきりになります。
韓国は首都が木っ端微塵と化し、一夜にして国としての機能を失います。

核ミサイルは抑止力なのです。各々の国が核ミサイルをもっており
どこかの国が一度使えば、他の国も使用し、その連鎖が広がれば
たちまち世界は滅んでしまう。だからどこの国も使用してこなかったのです。

しかしそんな暗黙の了解は北朝鮮に通じるわけもなく、突然世界の終わりの合図が
鳴り響くのです。これがきっかけとなり、北朝鮮を中心に核ミサイルの使用が
当たり前となります。とても多くの爆発がみえるのです。
どの国がどの国へ撃ち込んでいるのかわからないほどのミサイルが飛び交います。

ここ数十年で初めてではないでしょうか。お正月特番が一切放映されないお正月というのは。
世界中の人々は、いつ自分の国に核ミサイルがとんでくるのかわからないという
恐怖におびえ、新年を祝うことすらできなくなります。
日本では年末に地震も発生します。この地震は皆さんが核ミサイルの件に夢中になっている
最中に起こるのです。場所は東京です。

年明け早々、テレビという文化がほぼ消滅してしまいます。
東京を中心としたテレビ放送は、東京が壊滅したことにより機能しなくなるのです。
本当の恐怖は、地震や戦争などではなく、情報の遮断なのだと、後にわかるでしょう。
危機的な大事件が起きているのに、それが何なのかわからないという恐怖は
人々を不安と恐怖で包み、苦しめていくことでしょう。

この時点でインターネットは完全に使用不可になっています。携帯電話も使えません。
日本中が缶詰などの保存食や、自給自足で得られた穀物で食いつなぐ生活を余儀なくされます。
そして夏です。2014の夏に、それは起こるのです。
太陽のポールシフトが終了すると、太陽はこれまでよりも輝きを失うのです。
その理由はよくわかっていませんが、地球は寒冷化します。

夏なのに日本で雪が降るのです。その雪は、人の文明すべてを白く消し去るように、優しく舞い降りるのです。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合433
420:本当にあった怖い名無し(ID:/SceQNcD0)2013/12/05 11:09:46.6
今から私がお話する情報は、トップシークレットといっていいでしょう。
ではなぜ話すのか。それには様々な事情があるのですが、もっともたる理由は
上層部の考え方に、私が賛成できないからです。
多くを救うために少ない犠牲を厭わないという上層部の考え方に納得できないのです。
組織の規模が大きくなれば、その組織の指す小さい犠牲も、一般人からみればとてつもなく
大きいものなんです。そう、それが日本列島のことを指すことにだってなるんです。

私は日本人です。だから地球を救う前にまず日本を、日本人を救わねばならないと考えました。
ですから、今この文章を書いています。あなたがた日本人を救うために。

でははじめましょう。心してきいてください。
これから年末が近づくにつれて四つの問題が社会を悩ませることになるでしょう。
ひとつは原発問題です。
福島原発が燃料棒を取り出す作業をしているのは皆さんも知っていますね。
世界中がクリスマスムードで楽しんでいる最中にそれは起こります。
トラブルにより、福島は近づくことができない場所となるでしょう。
しかし誰もが口を閉ざし、見えない闇が東日本を覆い尽くすのを、忘れようとするでしょう。
これはずっとあとにわかることですが、東京から上のほうに住んでいる人々は
途方もない差別を受けることになります。

しかし安心していいです。なぜなら、ここにいる多くの人が気づいていると思いますが
すべては日本を操っている国の思惑どおりなのです。
日本が福島の問題から目をそらすために、近隣諸国との外交に高圧的にのりだすのを
誘発するべく、東日本はあのような災害に見舞われたのですから。
阿部首相があそこまで必死になって、戦争できる体制を整えようとしているのは
ずっと前から決まっていたことなのです。
つまり、私たちはこれから戦争することになります。

そうなれば多くの人々が死ぬことでしょう。放射線による被害など気にしていられないほどに
人々は死にます。では、私たちが戦争することになる相手とは、どこの国のことでしょうか。
それは中国であると断言します。厳密にいいますと、中国と北朝鮮と韓国です。

( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合433
415:本当にあった怖い名無し(ID:/SceQNcD0)2013/12/05 10:52:40.7
皆さんよろしいでしょうか。
皆さんはモンロー研究所をご存知でしょうか。
モンロー研究所とは、創設者であるロバート・モンローが発見したヘミシンクという
技術を用いて対外離脱や未来予知などを訓練する場所です。
ヘミシンクとは、特定の音の周波数を組み合わせることにより人の意識状態を
コントロールする技術です。

ヘミシンクを使うことにより、修行僧が座禅やヨガを通してたどり着く悟りの状態に
短期間で到達することが可能になります。そして、その先にある全体意識との交友や
宇宙と一体になるなどの、神秘的な体験を実現することが可能なのです。
2chには、すでにヘミシンクを利用して、神秘的な体験を味わっておられるかたがたが
スレをたてて楽しんでおられますが、実は最近不可思議な出来事が多発しているのです。

能力の高い人ほど先の未来を予知できるのですが、私たちの仲間のなかで随一の能力者である
人物が、ある日突然気が狂ったように叫びだしたのです。
「もうすぐ終わりがやってくる、地球は一度白紙にもどる」と。
はじめは何をいっているのかわからなかったのですが、他の能力者のかたがたも
次第に彼のみた未来が見え始めるようになって、差し迫っている未来に、恐怖と絶望が
ひしめいていることを理解しはじめたのです。

それではいいでしょうか。これから始まる本当の絶望の話をします。
これまでも911や311など、世を震撼させる出来事が稀に起こっていました。
しかしそれらは、単発的なものでした。単発的だからこそ、事件を分析し原因を考え対処する
時間があたえられていました。しかし、これから起こる事件は、継続して起こるものなので
テレビや新聞でしか情報を取得していない一般人のおおくは

もはや何が起こっているのかすらわからない日々が続くことになるでしょう。
例えばあなたが夜寝ているときに体が揺さぶられるほどの揺れを感じたとします。
原因は地震だと思いますか?他国のミサイル攻撃、または隕石の落下である可能性はありませんか。
もしくは、そのすべてが同時に起きている可能性はありませんか。
災害が同時に起きた場合、原因を追求する暇などないのです。あなたはただただ逃げ惑うしかないのです。
本当の絶望とは、理由のない、理由のわからない恐怖なのです。
1件~5件 (全5件) 1/1ページ